1着は持っておきたい☆オンオフ着こなし可能な白のドビーシャツ

この春社会人となった皆さん。スーツ、ワイシャツ姿にも慣れてきた頃でしょうか。入社したての頃はリクルート用に無難な色のシャツしか持っていなかったと思います。また、今でもどんなシャツを買って良いのかよくわからず、どうしても白が多くなりがちなのではないでしょうか?
汗ばむ季節、ワイシャツはたくさん持っていたいもの。白系のシャツは特に重宝します。
そんな白系のシャツで高級感あふれる演出ができ、オリジナリティを出せるのがドビーシャツです。
「えっ?!ドビーシャツって何?」
今、この瞬間に聞いた方もあるかと思います。今回はドビーシャツという言葉を今初めて知った方向けに、基本的なことから具体的な着こなしまでをお話します。

初歩的な質問「ドビーシャツって何?」

ドビーシャツの「ドビー」とはどういう意味でしょうか?専門のドビー織機で織られた、主にストライプやドットの模様のある変わり織り生地のことです。プリントではなく、織り糸による柄としての模様が入りますので安っぽさはなく、高級感があります。また、小さく単純な規則正しい柄の多い「ドビー織り」に対して、紋章やペイズリーなどの複雑で大きな絵柄が可能な「ジャカード織り」もあり、ドビー織りの方がシンプルでベーシックなものと言えます。
ドビーシャツの見た目の特徴としては、遠くから見ると一見無地に見えますが、近くで見ると表面に独特の模様があることがわかります。そのため、フォーマルに着ることもできますし、カジュアルに着こなすことも可能です。持っておいて損のない万能シャツです。
「ワイシャツってどんな色のものを買って良いか分からない」「自分の持っているスーツ似合うワイシャツの色がわからない」という方でも、白シャツのままうっすらとした模様で変化をつけられます。「どんな柄が良いか分からない」という方でも、ベースの色は白ですから、自分が直感的に気に入った模様のものを購入すればOKです。

オフこそ着こなそう!

白のドビーシャツは定番中の定番。「白ドビー」なる言葉もあるぐらいです。まずは最初に白ドビーを買ってみましょう。遠目で白でも、近づいてみるとドビー柄が光沢を放ち、高級感を感じさせます。ビジネスシーンの中でも勝負服として使用可能です。
また、ドビー柄は、カジュアルに使うことも可能です。カジュアルといっても、ストライプ系、ドット系など規則的でシンプルな柄が高級感や清潔感を出してくれるのがドビーシャツの特徴です。デニムやチノパンと合わせての、キレイめコーディネートがオススメです。

白のドビーシャツでのコーディネートはズバリこれだ!

では、「キレイめのコーディネート」とはどういった感じのものでしょうか。清潔感のある上品なコーディネートのことで、よく女性が彼氏に来て欲しいファッションと言われているものです。最近ではシンプルを極めた白シャツにデニムという組み合わせが流行です。秋になればその上からグレーなど濃い色目のカーディガンやニット系のアウターを組み合わせるのも良いでしょう。シンプルなコーディネートを着こなす姿が「爽やかな男性」を演出してくれます。
シャツを選ぶ際、ビジネスシーンでは無難な色の白ですが、カジュアルで着こなそうとすると、シンプルなだけにコーディネートを難しく感じてしまうかもしれません。でも、白シャツは合わせるアイテムを選ばない色でもあります。
白いドビーシャツはキレイめ系。このことを押さえておいて、キレイめコーディネートを心がければいいですね。
白ドビーとデニムをさらっと着こなして、オンと同時にオフの時間も女性から「かっこいい!」「爽やか!」と言ってもらえるコーデを覚えてしまいましょう!
お薦めドビー生地のシャツはこちら。

[surfing_su_button_ex center=”yes” url=”http://www.doihks.jp/order/order_kakunin.html?sid=495&sname=SD9138&scate=3&spec=5″ size=”7″ icon=”icon: arrow-circle-right”]オススメのドビー生地のシャツはこちら[/surfing_su_button_ex]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました